衣類の汗ジミや黄ばみ対策!少しの工夫で悩み解消

脇汗による服についた黄ばみや汗染みや臭いの取り方やその対策方法についてお伝えしています。tシャツやスーツをはじめ、いろいろなな用途できる服の汗の汚れの落とし方や臭い対策を発信しています。汗染みや黄ばみで悩んでいる方は参考にしてみてください。

衣類の脇汗の臭いの落とし方!洗濯物のニオイ対策

f:id:nrsk-115:20160108225745p:plain

脇の汗染みもそうなのですが、

臭いというのも落ちにくいですよね(>_<)

 

洗濯機で回すだけでそのままにしておくと、

においはどんどんこびりついて、

ほんとうに落とせなくなります。

 

ですから、

気になったら早めに落としておいた方がいいですね。

 

脇の下というのは、常に肌と服が密着している状態ですから、

脇汗が染み込んでしまいます。

 

しかも脇には普通の汗を出すエクリン汗腺だけではなく、

タンパク質などを含む汗が出るアポクリン汗腺もあるので、

落ちにくいという特徴があります。

 

染み込んだ汗を落としきれないと、

そこから雑菌が繁殖してイヤな臭いが発生するので、

衣類の脇汗はしっかり落としましょう。

 

衣類についた脇汗の臭いの取り方

 

f:id:nrsk-115:20151004231736j:plain

 

脇汗が衣類についた場合はその日のうちに落とすのが鉄則です。

 

落としきれていないと、いくら制汗剤や殺菌スプレーでケアしても臭いが発生するので注意してください。

 

脇汗を落とすには、酵素系漂白剤を使います。

 

最近は液体のものがスタンダードですが、

粉末の方が落とす力が強いので粉末を使って部分洗い、

もしくはつけ置き洗いをします。

 

f:id:nrsk-115:20160108231913p:plain

ですがしっかり落としきるには、

やっぱり漂白剤でつけ置きしておいてから、部分洗いをするのが一番です。

 

使用方法通りにつけ置きしたら、

歯ブラシなどを使って脇の部分を軽く叩いて洗いましょう。


こうすることで汚れが浮きやすくなり、

さらに漂白剤がしっかり染み込みます。

 

逆に、こすり合わせてごしごし洗っても、

繊維の奥に入り込んだ汗染みは落ちにくくなるだけなので気をつけましょう。

 

臭いの強い時やしっかりと落としたい時はぬるま湯を使う

 

洗濯をする時にポイントとなるのが、

水ではなくぬるま湯を使うことです。

 

ぬるま湯を使うと、水よりもスムーズかつ確実に

脇汗の強い臭いを落とすことができます。

 

また、わきがのようなもっとも強い臭いはすぐに落ちるものではありません。

わきがは特殊なのでこちらを参考にしてください。

↓ ↓ ↓

わきがのような強い臭いの落とし方

 


洗濯物は毎日のことなので面倒かもしれませんが、

衣類のニオイ対策をしておかないと、

どんどん臭いがきつくなって落ちづらくなるので、

完璧に落としてニオイを防ぎましょう。

 

 なお、汗と臭い抑える対策を

こちらでまとめていますので、

あわせて参考にしてください。

 

脇汗の予防と対策